プジョー、累計生産台数が5000万台

自動車 ビジネス 企業動向

プジョー、累計生産台数が5000万台
  • プジョー、累計生産台数が5000万台
  • プジョー、累計生産台数が5000万台
  • プジョー、累計生産台数が5000万台
オートモビル・プジョーは、1891年の操業開始から累計生産台数が5000万台を達成したと発表した。

同社は家族経営からスタート、ソショーの生産工場から現在の24か所の生産拠点に至るまで、プジョーは、明確なスタイルを確立した『201』から『308』まで、160以上のモデルと34タイプの車を、モデルチェンジを繰り返しながら販売してきた。

プジョーは、特に中国、ブラジル、ロシアでの国際的発展を加速している。2007年は、この3か国におけるプジョーの販売実績は、大幅に伸びた。中国での販売は13.8%増の9万3000台となり、特に第4四半期は22.8%増となった。

プジョーの歴史は、1902年製「タイプ39」の最初の4気筒エンジンから、PSAプジョー シトロエンとBMWグループとの共同開発による最新のガソリン・エンジンまで、多くの革新を積んできた。プジョーは、世界の180万台の車に装着されている微粒子フィルターを発明し、HDiディーゼル・エンジンを普及させてきた。

今後、プジョーは技術革新の最先端を行くメーカーとして躍進を目指し、また今後10年の早い時期から、第2世代のストップ&スタートを装備した車とハイブリッド車の開発を進めていく計画だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集