千趣会と佐川急便、CO2排出権付き宅配サービス導入

エコカー 燃費

千趣会と佐川急便、CO2排出権付き宅配サービス導入
  • 千趣会と佐川急便、CO2排出権付き宅配サービス導入
千趣会と佐川急便は、佐川急便が開発した『CO2排出権付き飛脚宅配便』を、千趣会のインターネットショッピングサイト『ベルメゾンネット』の配送サービスに導入することで同意した。

商品購入者と販売事業者の千趣会、配送事業者の佐川急便の3者がCO2排出権購入費を負担することで、温室効果ガスの削減に貢献するとしている。

期間は9月1日から12月31日までで、期間内であっても佐川急便が購入したCO2排出権(1万トン)がすべて引き当てられ次第終了する。

CO2排出権付き飛脚宅配便は、千趣会のベルメゾンネットで商品購入後、配送方法で「CO2排出権付き飛脚宅配便」を選択してもらう。

商品購入者には「CO2排出権付き飛脚宅配便」を選択することで1円を負担してもらう。これは宅配便1個当たりの輸送にかかるCO2排出量346グラムに相当する。さらに同額分を千趣会、佐川急便がそれぞれ負担することで、合計1038g、3円相当量のCO2排出権を佐川急便から日本政府に無償譲渡する。

譲渡されたCO2排出権は京都議定書で日本が削減しなければならない温室効果ガスの「マイナス6%」分にカウントされる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集