【スーパー耐久 第3戦】伝統の4時間耐久レース

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

今週末の14・15日、富士スピードウェイでスーパー耐久シリーズの第3戦、伝統の4時間耐久「スーパーTEC」が開催される。

無差別級(排気量3501cc以上)のSTクラス1は、BMW勢、中でもJohan Adzmi/谷口信輝/片岡龍也組の28号車が今シーズンは好調で、45点獲得でトップ。ディフェンディングチャンピオンの1号車「ENDLESS ADVAN Z」(青木孝行/藤井誠暢組)は15点差というだけでなく、前戦では周回遅れにされるなど、苦戦を強いられている。

排気量2001 - 3500ccの4輪駆動車のクラスであるSTクラス2は、開幕戦は三菱『ランサーエボリューション』のIX対Xの対決だったが、前戦からスバル『インプレッサ』が1台参戦し、8対1という状況。クラスランキングは、07王者の11号車「オーリンズ・ランサー EVO X」(中谷明彦/木下隆之組)が38点でトップ。それを37号車「シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー」(和田久/HINOKI組)が4点差で追っている展開だ。

排気量2001 - 3500ccの2輪駆動車のクラスであるSTクラス3は、4車種と今回も最も参加車種が多い。マツダ『RX-7』(FD)が3台、日産『フェアレディZ』(Z33)が5台、ホンダ『NSX』が1台、BMW『M3』が1台となっている。ランキングは、333号車「エクセディH.I.S.イングスZ」(前嶋秀司/佐々木雅弘組)が45点で、2位に11点差と頭ひとつリードしている。

排気量2000cc以下のクラスであるSTクラス4は、ホンダ同門対決で、『シビック TYPE R』が5台、『インテグラ TYPE R』が8台のエントリー。ランキングは、69号車「J'S RACING CIVIC ADVAN」(梅本淳一/久保田英夫組)が30点でトップだが、5点差の中に4台がひしめく混戦模様となっている。

当日券は、予選日の14日が大人(高校生以上)2000円、決勝日の15日が大人5000円。中学生以下は保護者同伴に限り、無料だ。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集