バイクへ体当たりしたクルマに警官が発砲

自動車 社会 社会

6日夜、広島県呉市内で盗難車に乗った男に警官が職務質問しようとしたところ、このクルマが急発進。駐車していた警官のバイクに体当たりする事件が起きた。警官はクルマに向けて拳銃を発砲。クルマは逃走したが、約3時間後に34歳の男を逮捕している。

広島県警・呉署によると、事件が起きたのは6日の午後7時ごろ。同署の地域課に所属する32歳の巡査部長が呉市光町付近をバイクでパトロールしていたところ、岡山県里庄町内の自動車販売店から盗難された乗用車が駐車場に止まっているのを発見。近くにいた男に職務質問しようと接近した。

直後、男はクルマに乗り込んで急発進。駐車場の出口近くに駐車していた警官のバイクに体当たりした。巡査部長は危険を感じたため、クルマに向かって拳銃2発を発砲。命中してガラスが損壊したが、クルマはそのまま逃走している。

警察では緊急配備を敷いて周辺の捜索を実施。同日の午後9時45分ごろに呉市梅木町付近でクルマを発見し、34歳の男を公務執行妨害の容疑で緊急逮捕した。男は犯行の事実を大筋で認めており、警察では盗難についても男が関わったものとみて、調べを続けている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集