富士通テン、タクシー配車システムの新商品を発売…ネットで自動配車

自動車 テクノロジー ITS

富士通テン、タクシー配車システムの新商品を発売…ネットで自動配車
  • 富士通テン、タクシー配車システムの新商品を発売…ネットで自動配車
富士通テンは、デジタル無線タクシー配車システム「Type-A」(大規模・中規模事業者向け)「Type-S」(小規模事業者向け)の2008年モデルを8月1日から発売すると発表した。

新商品のType-Aは、「インターネット受付機能」をオプション設定し、完全自動配車を実現した。タクシー利用者は、電話オペレータを介在せずにパソコンや携帯電話から配車依頼が可能で、コンタクト窓口が広がり利便性の向上が図れる。

さらに、電話での受付を合成音声で自動応答する「IVR(音声自動応答)受付/自動通知機能」もオプション設定し、インターネット利用が苦手、オペレータとの会話が苦手といった利用者にも、簡単な操作で気軽に使用できるよう配慮した。

これによりタクシー事業者も、天候の急な変化などで配車需要が増加した場合に、より多くの顧客の受付が容易に行え、タクシー利用者へのサービスアップと業務効率化の両立が図れるとしている。

また、受付・配車実績回数を曜日別、時間帯別、地区別などに任意にデータ集計が行える。細やかなデータ分析により、地域性・自社の営業形態に合った車両配備、勤務シフトの見直しなど、業務改善をサポートする。

さらに、同社ドライブレコーダー「OBVIOUSレコーダー」との連携も可能で、速度超過などの危険運転地域を把握・分析し、安全運転教育にも活用できる。ドライブレコーダーが強い衝撃を検知した場合は、自動的に配車センターに通知し、カメラで撮影した画像を配車センターに送信する。

このほか、事前登録した日時になると車両に需要情報となるコンサートなどのイベント情報をメッセージ送信する機能を追加するなど、より効率的に受付・配車業務を行うための機能アップも行った。

中規模事業者での運用を考慮して、Type-Aの大規模システム機能とType-Sの小規模システム機能をミックスした「Type-A Middle Edition」も設定する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集