【日産 ティアナ 新型発表】プラットフォームは新開発

自動車 ニューモデル 新型車

【日産 ティアナ 新型発表】プラットフォームは新開発
  • 【日産 ティアナ 新型発表】プラットフォームは新開発
  • 【日産 ティアナ 新型発表】プラットフォームは新開発
  • 【日産 ティアナ 新型発表】プラットフォームは新開発
  • 【日産 ティアナ 新型発表】プラットフォームは新開発
  • 【日産 ティアナ 新型発表】プラットフォームは新開発
  • 【日産 ティアナ 新型発表】プラットフォームは新開発
  • 【日産 ティアナ 新型発表】プラットフォームは新開発
日産の上級セダン新型『ティアナ』には新開発のDプラットフォームが採用されている。このプラットフォームは海外では『マキシマ』などで採用されているが、日本国内では新型ティアナが初めて採用する。

新型ティアナの商品企画を担当した商品企画本部 成定竜志さんは「新型のDプラットフォームはボディ剛性の強化やサスペンション取り付け位置の見直し、新マルチリンクリヤサスペンションの採用により、振動の大幅な低減を図り、乗り心地を向上させることに成功しています」

「また、ホイールベースは先代と同じ数値ですが、新しいプラットフォームにより低床化を実現していますので、ヘッドクリアランスが大幅に向上しています。そのため室内は先代よりも広々とした雰囲気を実感できるでしょう」とコメント。

新型ティアナの室内は全体的に余裕が増していて、広々とした雰囲気に包まれている。前後シート高の差を大きく取ったことで、後席から前方の見晴らしがよくなり開放感も増している。新開発のプラットフォームを採用したことで実現できたこのパッケージングも、新型ティアナの魅力のひとつだ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集