パトカーから逃れようとして長期の無免許運転発覚

自動車 社会 社会

群馬県警は5月31日、酒気帯び状態で乗用車を無免許運転していたとして、41歳の男を道路交通法違反の現行犯で逮捕した。男はこれまでに一度も運転免許証の取得経験がなく、警察では長期間に渡って無免許運転を続けてきたものとみている。

群馬県警・前橋署によると、逮捕された男は5月31日の午後5時50分ごろ、群馬県富士見村時沢付近の県道で酒気帯び状態かつ無免許で乗用車を運転した疑いがもたれている。付近を同署のパトカーがパトロールしていたところ、不審な挙動を取る乗用車を発見。職務質問を実施したことで発覚した。

運転していた男からは呼気1リットルあたり0.2ミリグラムのアルコール分を検出。当初は飲酒運転の発覚逃れとみられていたが、運転免許の取得経験が無かったことが後の照会作業で明らかになっている。

調べに対して男は「免許を取ったことはないが、仕事などで必要だから運転はしていた」、「いつか捕まるとは思っていた」などと供述しているようだ。警察では長期間に渡って日常的な運転を続けてきたものとみて、男を厳しく追及している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集