ジャパンエナジーと清水建設、高い蓄熱性能を持つ空調システムを共同開発

自動車 ニューモデル 新型車
ジャパンエナジーと清水建設、高い蓄熱性能を持つ空調システムを共同開発
  • ジャパンエナジーと清水建設、高い蓄熱性能を持つ空調システムを共同開発
  • ジャパンエナジーと清水建設、高い蓄熱性能を持つ空調システムを共同開発
清水建設とジャパンエナジーは、従来比2.5倍の蓄熱性能を持つ新空調システム「PCM躯体蓄熱空調システム」を共同開発したと発表した。

新開発した躯体蓄熱式空調システムは、料金が安い深夜電力を使って建物の躯体コンクリートに冷熱を蓄え、日中にコンクリートからの放熱で空調するシステム。従来のものより高い蓄熱性能によって外部蓄熱槽が不要になるため、スペースに制約があるビルに最適で、一般的な空調システムと比べてランニングコストを35%、消費エネルギーを10%低減することが可能としている。

今後両社は、同システムを試験導入した清水建設の技術研究所遠心実験棟で性能検証を行い、2009年度中の実用化を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集