ビクター、工場の土地を115億円で売却

自動車 ビジネス 企業動向

経営再建中の日本ビクターは、大和市にある土地を売却すると発表した。

同社は新中期経営計画で経営体質の強化、改善を図っており、この一環として資産売却を進める。今回売却するのは大和市目下鶴間字甲十号にある工場の4万4175平方メートル。日本綜合地所に115億5000万円で売却する。

今回の資産売却は、今期の業績見通しに織り込み済みとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集