【エコカーワールド08】DHLジャパン、燃料電池車集荷車両を出展

エコカー 燃費
DHLジャパンは、2006年7月から環境保護の一環で集配業務車両として使用しているダイムラーの燃料電池車『F-Cell』を、神戸メリケンパークで開催された「エコカーワールド2008in神戸」にメルセデスベンツ日本が展示したと発表した。

6月7、8日に横浜赤レンガ倉庫で開催される「エコカーワールド2008in横浜」にも、F-Cellの集配車が展示される。

DHLは2006年7月から、日本で「グリーンロジスティクス」と名づけた環境保護に配慮したプロジェクトを進めている。この第一弾としてDHLジャパンが集配車両に導入したのがメルセデス・ベンツAクラスをベースとした、圧縮水素を燃料に使用する世界初の量産燃料電池車であるF-Cell。DHLは同車を実走行テストとして利用し、大手町を中心とした都内のビジネスエリアで書類の集配を行っている。

DHLの集配業務による走行データは、メルセデスベンツ日本が収集、車両の開発製造元であるダイムラーにフィードバックして燃料電池車の開発に活用されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集