ホンダ年央会見…福井社長「リチウムイオン電池の開発は数社と」

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダ年央会見…福井社長「リチウムイオン電池の開発は数社と」
  • ホンダ年央会見…福井社長「リチウムイオン電池の開発は数社と」
ホンダの福井威夫社長は21日、恒例の年央会見を行い、その中でリチウムイオン電池について、「いろいろな角度から開発を進めている」と述べた。

電池メーカーについても、特定のメーカーに決めることなく、数社と協力しながらやっているそうだ。「いいところがあれがすぐにでも採用したい」(福井社長)が、リチウムイオン電池にはまだまだ課題が多いとのこと。

ニッケル水素電池に比べて、信頼性、重量、コスト等に課題があり、「特にコストという観点ではまだまだ壁が乗り越えられていない」と福井社長は述べた。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集