ATグループ、大幅増益で期末配当を倍増へ

自動車 ビジネス 企業動向
ATグループは、2008年3月期の期末配当を大幅増配すると発表した。

直近の期末配当予想では、1株当たり11円を予想していたが、9円増配して20円とする。前年同期と比べても倍増となる10円の増配となる。

同社では、2008年3月期の業績が売上高は減収だったものの、サービス部門や中古車販売部門が好調で大幅増益となったことから、株主に還元する。

年間配当金は30円となり、前年同期と比べて12円の増配となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集