【BMW 1シリーズクーペ 日本発表】近いライバルはいるが…独自性が強い

自動車 ニューモデル 新型車
【BMW 1シリーズクーペ 日本発表】近いライバルはいるが…独自性が強い
  • 【BMW 1シリーズクーペ 日本発表】近いライバルはいるが…独自性が強い
  • 【BMW 1シリーズクーペ 日本発表】近いライバルはいるが…独自性が強い
  • 【BMW 1シリーズクーペ 日本発表】近いライバルはいるが…独自性が強い
  • 【BMW 1シリーズクーペ 日本発表】近いライバルはいるが…独自性が強い
BMW『135iクーペMスポーツ』(2月26日発表・発売)の価格は、6速マニュアルが538万円、6速オートマチックが549万円。

1シリーズというポジションであることを考えるとやや高価なイメージがあるが、アメリカや南アフリカなどでなく、ユーロ高が進行しているドイツ工場で生産されたモデルを輸入していることを考慮すると、価格的にはかなりリーズナブルであるとも言える。

135iクーペのMTモデルのドイツにおける税抜き価格は3万2700ユーロ。1ユーロ=156円で計算し、日本における消費税5%を加算するとすると、535万円となる。

日本仕様には現地で20万円ほどのオートエアコン&防塵フィルター、ドイツでは38万円以上するものよりさらにバージョンの高い3モードVICS対応HDDナビゲーションシステムなど、多くのオプションが負荷されていることを考慮すると、本国価格より大幅に安いプライスでさえある。

3.5リットルツインターボエンジンを搭載するRWDの小型プレミアムクーペというキャラクターはライバルがきわめて少ないため、絶対的な価格は高いものの、マーケットではそれなりのプレゼンスを発揮できる可能性は高い。

あえてライバルを挙げるとすれば、メルセデスベンツのコンパクトクーペ『CLK350』(821万円)、アウディの新型クーペ『A5 3.2FSIクワトロ4WD』(695万円)、アルファロメオ『ブレラ・スカイウインドーJTS Q4 4WD』(584万円)あたりのポジショニングが近い。

しかし、CLKとA5については、競合するBMWのモデルは元来『3シリーズクーペ』であり、価格的にもかなりの差があるため、実際のセールスではほとんどバッティングしないものと思われる。ブレラの価格は135iクーペに近いが、3.2リットル260馬力エンジンで135iクーペより約200kgも重い1750kgのボディを引っ張るため、走りのキャラクターが全く異なっており、これまた競合の可能性は薄そうだ。

国産車ではさらに競合が考えられるモデルは少なくなる。キャラクター的に最もバッティングしそうなのは日産『スカイラインクーペ370GTタイプSP』(441万円)だろう。また、4ドアのうえMTもないが、トヨタ/レクサス『IS350 バージョンS』(450万円)も、性格的にはやや似ている。が、135iクーペはこの両モデルよりさらにコンパクトで、かつ軽量。やはり独自性の強いモデルであると言えそうだ。

 注目の新車は、今いくら? ユーザーアシスタンス
新車見積りのトップページはこちらから
新車見積りトップページのURLをメールで送る。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集