川島織物、資本準備金で欠損を解消

自動車 ビジネス 企業動向

川島織物セルコンは、資本準備金を取り崩して欠損を解消すると発表した。同社では、財務体質を強化して早期に復配するため、資本準備金とその他資本剰余金を減少させるとともに、剰余金を処分して欠損を解消する。

具体的には資本準備金10億9811万9701円を減少、その他資本剰余金に振り替える。その他資本剰余金18億4680万1309円をさらに繰越利益剰余金に振り替え、同額分の欠損を解消する。

6月26日開催の提示株主総会で付議して、承認を受けた上で実行する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集