川島織物、役員退職慰労金制度を廃止

自動車 ビジネス 企業動向

川島織物セルコンは、経営改革の一環として、役員退職慰労金制度の廃止と役員報酬制度の見直すと発表した。

取締役、監査役を対象とする役員退職慰労金制度を、6月26日開催予定の定時株主総会終結時で廃止し、同日までの在任期間に関わる役員退職慰労金について打ち切り支給する。

任期中の取締役、監査役に対する退職慰労金の支給時期については、対象となる取締役及び監査役の退任時とする。

また、役員退職慰労金制度の廃止に伴って、取締役、監査役の報酬体系を見直す。取締役に対しては月額の一定割合を、役員持株会に拠出し、同社株式を取得する。取得した株式は、原則在任期間中保有する。取締役の報酬と同社株価の連動性を高めることで、企業価値の向上に対する貢献意欲を一層高め、中長期的業績連動報酬の性格を持たせるのが目的としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集