東プレ、役員の退職慰労金制度を廃止、業績連動報酬へ

自動車 ビジネス 企業動向

東プレは、取締役、監査役の退職慰労金制度を6月26日で廃止すると発表した。

制度廃止日までの在任期間に対する退職慰労金は、今年度定時株主総会に「退職慰労金贈呈ならびに退職慰労金制度廃止に伴う打ち切り支給」議案を提出、承認を経た上で取締役、監査役それぞれの退任時に支給する。

これに伴って業績連動報酬に切り替える。取締役の報酬のうち月額報酬の一部を自社株取得報酬とし、同社役員持株会に拠出し自社株式の購入に当てる。「自社株保有に関するガイドライン」を制定し、自社株式は在任中は保有する。

賞与については企業業績や役員個人別の業績貢献度を賞与の配分に連動する制度とする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集