BMW、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで大賞

自動車 ビジネス 企業動向
BMW、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで大賞
  • BMW、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで大賞
  • BMW、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで大賞
BMWグループは、2008年度の「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」の選考で5種類のエンジンで6つの賞を受賞したと発表した。

高精度ダイレクト・インジェクション・システム(直噴)を備えた3.0リットル直列6気筒パラレル・ツイン・ターボ・エンジンは、エンジン・コンテストで大賞を獲得した。BMWグループにとってインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーの創設以来、6度目の大賞受賞となる。

このエンジンは昨年に引き続き、2度目の受賞となる。306psのパワフルなエンジンは、『3シリーズ』、『1シリーズクーペ』に搭載、さらに『X6』にも搭載され、前年度と同様に排気量2.5 - 3.0リットル・エンジン部門で受賞した。

インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーの大賞を連続受賞したエンジンは、これまでに、2005年と2006年に大賞を受賞した『M5』、『M6クーペ』、「M6カブリオレ」に搭載している5リットルのV10エンジンだけ。このエンジンは今年度、排気量4.0リットル以上のエンジン部門で受賞した。

BMW M社は、このV10エンジン以外にも賞を獲得しており、『M3』に搭載の420psを発揮するV8エンジンは、排気量3.0 - 4.0リットルのエンジン部門で受賞した。

さらに2008年度の「ベスト・ニュー・エンジン」として、BMW「123d」の2.0リットル可変ツイン・ターボ搭載の4気筒ディーゼル・エンジンが選出された。ディーゼルエンジンがベスト・ニューエンジンを受賞したのは初めて。

排気量1.4 - 1.8リットル部門では前年度と同様に『MINIクーパーS』のTwin-Schrollターボ・チャージャーとガソリン・ダイレクト・インジェクション搭載の1.6リットル4気筒エンジンが受賞した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集