トヨタ、総額2000億円の自己株式取得を提案

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は、6月24日開催の定時株主総会で自己株式の取得を提案すると発表した。今回提案する自己株式の取得は上限3000万株で、取得総額2000億円が上限となる。

期間は定時株主総会の翌日から1年間。自己株式を取得するのは資本効率の向上と経営環境に応じた機動的な資本政策を遂行するためとしている。

自己株式を上限いっぱいの3000株を取得した場合、発行済株式総数に対する割合の0.95%にあたる。同社は3月31日現在で自己株式2億9871万7640株を保有している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集