デンソー3月期決算…売上4兆円を突破 売上11.5%増の営業利益15.0%増

自動車 ビジネス 企業動向
デンソーが発表した2008年3月期連結決算は、売上高は前年同期比11.5%増の4兆250億円となり、4兆円を超えた。営業利益が同15.0%増の3486億円となり、大幅増益となった。

トヨタ自動車をはじめ、日系自動車メーカー向けの自動車部品が好調だった。収益面でも売上げ増やコスト低減努力などの効果があらわれた。

経常利益は同14.3%増の3683億円、当期純利益は役員退職慰労引当金の繰り入れに伴う特別損失33億円を計上したが、同19.1%増の2444億円となった。

2009年3月期連結決算業績見通しは、売上高が同0.1%増の4兆300億円とほぼ横ばいの見通し。収益では、原材料高騰や為替が円高に触れる見通しなどから営業利益が同17.1%減の2890億円、経常利益が同16.4%減の3080億円、当期純利益が同18.2%減の2000億円と減益の見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集