古河電工、伸銅品と銅箔を値上げへ

自動車 ビジネス 企業動向
古河電気工業の金属カンパニーは、銅価格の乱高下や、運賃、副資材及びエネルギーコストの高騰を受けて伸銅品と銅箔を値上げすると発表した。

原油価格が過去最高値の更新を続け、主要な金属も高騰しており、同社の合理化、効率化、コストダウンなどの自助努力のみでは、吸収できない状況となっている。今後、製品の安定供給を行っていくため、価格高騰の一部を製品価格に転嫁すると、している。

価格改定の方法は、原料費のロスやスライドしていない原料費(錫、ニッケルなど)の上昇分を、原料費への上乗せする場合と、加工賃を改定させていただく場合とに分かれる。また、銅価の急騰・急落により地金リスクが大きいため、発注前月銅建値平均という値決めルールの顧客に対しては、納入前月銅建値平均への変更を同時に交渉する。

価格値上の対象商品は、当社の伸銅品(板・条・棒・線・管)の全ての品種と銅箔の予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集