【ルマン08】童夢、S102 を披露

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【ルマン08】童夢、S102 を披露
  • 【ルマン08】童夢、S102 を披露
  • 【ルマン08】童夢、S102 を披露
  • 【ルマン08】童夢、S102 を披露
  • 【ルマン08】童夢、S102 を披露
  • 【ルマン08】童夢、S102 を披露
  • 【ルマン08】童夢、S102 を披露
日本有数のレーシングカー・コンストラクターである童夢は11日、日本自動車レース工業会(JMIA)発足発表会と同時に、今年のルマン24時間耐久レースに参戦する新型車両「童夢S102」の完成披露を行なった。

「今年で通算16回目の挑戦になりますが、まだ勝っていないわけです。老い先短い身なので、そろそろ決着をつけたい。2 - 3年で決着をつけたいと思い、入れこんで、このマシンをつくりました」とは林みのる代表の弁。S102を、2 - 3年で総合優勝するための「戦略的第一歩」とも評している。

近年は、2001年に設立された開発型カーボンコンポジット製品メーカー「童夢カーボンマジック」社の仕事を主としていた奥明栄氏が、このS102ではレーシングカー開発の現場に本格復帰。「ルマンのレギュレーション的な方向性を考えて(S101系とは異なる)クローズドボディを選択し、予選でポールポジションを獲れることを目標に開発しました」と発表した奥氏は、「カタチにはなりました。あとは(6月の本番までの)短期間でマシンを煮詰めて、目標を達成したい」とも付け加えている。

童夢S102のパワーソースは、ジャッドの5.5リットルV10NA。ミッションはXトラック製6速シーケンシャルで、タイヤはミシュラン。空力面では先代のオープンタイプ、S101.5に比べてドラッグが9%減少し、ダウンフォースは18%増大した。よってL/Dは32%も向上した計算になり、その戦闘力に大きな期待がもたれる。

なお、参戦体制に関しては、07年SUPER GT/GT500チャンピオンの伊藤大輔を「起用したい」との林氏の意向が発表されたのみで、それ以外も含めて“未定”となっている。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集