新日鉄、インドに事務所を開設…鉄鋼需要拡大

自動車 ビジネス 企業動向
新日本製鐵は、急速に経済成長しているインドに事務所を設置することを決定したと発表。3月1日から、ニューデリーに事務所を開設して駐在員を派遣する予定だ。

インドでは、自動車メーカーをはじめとする顧客企業の進出・事業拡大が急速に進んでおり、同社としてもタタ製鉄と共同で自動車鋼板の事業化を検討している。

今後、自動車鋼板以外の需要分野でも鉄鋼需要が拡大することが見込まれており、世界の原料マーケットにおけるインドの影響力も強まっている。

こうしたことを踏まえ、現地での情報収集力などの強化を図るとともに、将来に向けた同社グループの事業展開、鋼材営業の支援・技術サービスなどの拠点を整備する観点から、インドにニューデリー事務所を設置する。

インドは新日鉄のライバルで鉄鋼最大手のアルセロールミタルの本拠地でもある。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • スズキ、インドでアルトの生産が急増…25か月で50万台 画像 スズキ、インドでアルトの生産が急増…25か月で50万台
  • 三菱商事、インドに産業機械販売の合弁会社を設立 画像 三菱商事、インドに産業機械販売の合弁会社を設立
  • 日産、インド事業の責任者を任命 画像 日産、インド事業の責任者を任命
  • 三菱重工、インドに拠点を増設 自動車向けなど強化 画像 三菱重工、インドに拠点を増設 自動車向けなど強化
  • スズキ会長「インド市場は年間50万台単位で伸びる」 画像 スズキ会長「インド市場は年間50万台単位で伸びる」

特集