トヨタ紡織組織改正---グローバルな視野

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ紡織は、2月1日付けで組織改正を実施すると発表した。

今回の組織改正では、海外事業本部を「グローバル事業本部」に名称変更する。グローバルな視点での事業企画、事業管理体制の強化を図るのが狙いだ。

また、生産技術開発機能強化のため、全社にまたがっている生技開発機能を集約した「生技開発部」を新設する。

総務広報部は「総務部」「広報部」に分離、総務、広報に関する各種課題に対し、確実に遂行できる体制とする。

AIS技術部とFS技術部を「第1FPT技術部」、「第2FPT技術部」、「第3FPT技術部」に再編する。これによってフィルタ・パワートレイン機器開発センター内の業務推進体制を強化する。

工場管理業務の効率化、リソーセスの有効活用を図るため、刈谷工場を、「刈谷製造管理部」、「刈谷製造部」に分離するほか、大口工場に「大口製造部」、「木曽川製造部」を新設する。猿投工場にも「猿投製造管理部」、「猿投第1製造部」、「猿投第2製造部」、「藤岡製造部」を置く。

高岡工場は「高岡製造管理部」、「高岡製造部」、「堤製造部」を、豊橋工場には「豊橋製造管理部」、「豊橋北製造部」、「豊橋南製造部」を、関東工場に「御殿場製造部」、「東京製造部」をそれぞれ置く。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集