バスとバイクの右直事故、ライダー死亡

自動車 社会 社会

24日夜、福岡県福岡市東区内の国道3号で、交差点を右折しようとしていた路線バスと、直進してきたバイクが衝突する事故が起きた。バイクは転倒。運転していた43歳の男性が全身強打で死亡している。

福岡県警・東署によると、事故が起きたのは24日の午後8時20分ごろ。福岡市東区松崎1丁目付近の国道3号で、交差点を右折しようとしていた西鉄バスが運行する路線バスと、交差点を直進してきたバイクが衝突した。

バイクはバスの左後部に衝突し、その弾みで転倒。運転していた43歳の男性は路上に投げ出されて全身を強打、近くの病院に収容されたが、間もなく死亡した。

現場は信号機の設置された見通しの良い交差点。警察ではバスを運転していた35歳の男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いているが、調べに対しては「右折を開始した時点では直進してきたバイクに気がつかなかった」などと話しているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集