三洋電機、組織改正で二次電池事業に担当取締役を配置

自動車 ビジネス 企業動向

三洋電機は、4月1日付けで組織改正を実施すると発表した。

カンパニー・事業部を「部品事業群」、「完成品事業群」の事業戦略に沿った体制に再編し、各事業の収支責任・販売責任を明確にするため、現行の事業グループ制は解消する。これに伴って事業部門の組織体制は、各事業戦略を執行する「事業部」と複数の事業部組織を統括する「カンパニー」で構成する体制に移行する。

部品事業群を構成する各事業の組織は現行体制を維持するが、設備投資を集中し、収益の柱となる二次電池事業と電子部品事業に担当取締役を配置する。これらの事業は、収益拡大に向けて、ビッグアカウント対応力の強化、事業横断的なリソース効率活用を推進する。

また、事業開発本部やOEM営業本部、サービス統括本部は発展的に解消し、それぞれの機能と関連する本社部門または事業部門に移管・集約する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集