三洋電機、保有する土地を売却…売却損を計上

自動車 ビジネス 企業動向

三洋電機は、群馬県邑楽郡のいずみ野団地の土地の一部を売却すると発表した。

いずみ野団地は、同社の福利厚生施設として活用してきたが、土地の一部が群馬県の東毛幹線道路整備用地として買収対象となったため、これに応じ3月下旬に売却することになっている。

今回、遊休地となっている残る土地も売却する。

売却先は群馬県でショッピングセンターチェーン事業を展開するベイシアで、土地面積2万7840平方メートルを売却する。売却価格は11億6000万円。

今回の土地売却で、単体で9億円、連結で2億円の売却損が発生する見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集