トナミ運輸、庄川峡谷の船舶事業を買収

自動車 ビジネス 企業動向

トナミ運輸は、連結子会社の庄川観光が関西電力の庄川船舶事業を買収すると発表した。

庄川観光は、庄川峡谷(富山県南砺市)で大牧温泉(旅館業)を経営しているが、この場所への唯一の交通手段は関西電力が運営する庄川船舶に依存している。

「利用客の利便性の向上」「庄川峡谷の観光資源の活用」を図るため、関西電力から庄川船舶事業を買収、庄川観光が新会社の庄川遊覧船を設立して事業の移管を受け、経営基盤の強化を図ることにした。

新会社の資本金は2500万円。庄川遊覧船の社長には、トナミ運輸の小西揚介相談役が就任する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集