バスと正面衝突したクルマ、冬タイヤを装着していなかった

自動車 社会 社会

16日朝、岐阜県郡上市内の国道156号を走行中の乗用車が対向車線側に逸脱し、対向車線を順走してきた路線バスと正面衝突する事故が起きた。乗用車は中破し、3人が重軽傷を負っている。

岐阜県警・郡上署によると、事故が起きたのは16日の午前7時40分ごろ。郡上市高鷲町鮎立付近の国道156号を走行していた22歳男性が運転する乗用車が対向車線側に逸脱。対向車線を順走してきた岐阜乗合自動車が運行する路線バスと正面衝突した。

衝突によって乗用車は中破。後部座席にシートベルト未着用で同乗していたとみられる22歳の男性が右足を骨折する重傷。後部座席に同乗していた別の男性と、助手席に同乗していた男性が打撲などの軽傷。乗用車を運転していた男性にケガはなかった。バスの乗客8人も車内で転倒。打撲などの軽傷を負い、近くの病院で治療を受けている。

現場は片側1車線。現場付近は約5cmの積雪があったが、乗用車は冬用タイヤを装着していなかった。警察では圧雪された路面でスリップしたものとみて、乗用車運転の男性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集