日本LCA、通期業績見通しを下方修正

自動車 ビジネス 企業動向

日本LCAは、2008年5月期の通期連結業績見通しを下方修正した。売上高は105億円を予想していたが、100億円にとどまる見通し。

損益では、営業損益が5億円の黒字予想だったが、1億5000万円の赤字に転落する見通し。経常損益も4億円の黒字から3億8000万円の赤字に下方修正した。最終損益は2億2000万円を予想していたが16億円の大幅赤字を計上する見通し。

中間期の計画未達成を考慮した結果、今期は収益構造を確たるものにあうるための準備期間と位置づけた活動に注力する方針に転換、下方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集