パトカーが路外逸脱、建物に突っ込む

自動車 社会 社会

15日正午ごろ、沖縄県大宜味村内の国道58号を走行していた沖縄県警・名護署のパトカーが対向車線側に逸脱、そのまま道路右側にある会社のプレハブ建物に突っ込んだ。建物とパトカーは小破、パトカーを運転していた51歳の巡査部長が軽傷を負った。

同署によると、事故が起きたのは15日の正午ごろ。大宜味村塩屋付近の国道58号を走行中の同署・地域課所属のパトカーが対向車線側に逸脱、そのまま道路右側に立つ建設会社のプレハブ事務所に突っ込んだ。

プレハブとパトカーは衝突によって小破。パトカーを運転していた51歳の同課所属・巡査部長が打撲などの軽傷、建物内には建設会社の社員がいたが、ケガはなかった。

現場は直線区間。巡査部長は風邪をひいており、運転中に咳が止まらない状態となった。運転に支障が出ると判断し、路肩に停車しようとしたが、この際に道路左側の縁石に接触。これに驚いて急ハンドルを切ったところ、対向車線側に逸脱してしまったようだ。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品