日本LCA、業績見通しを下方修正 自動車関連の計画未達

自動車 ビジネス 企業動向

日本LCAは、2007年11月中間期の連結決算業績見通しを下方修正した。売上高は46億円を予想していたが、37億9000万円にとどまる見通し。

自動車関連事業が2つのフランチャイズ事業の加盟獲得が未達成だったほか、昨年11月に市場投入するため開発してきた水性塗料による本格板金ブースの開発が遅れ、売上げ計画を下方修正した。

売上げが予想を下回ったことなどから、収益も想定していたよりも悪化する見通し。営業赤字は2億円を予想していたが8億1000万円に赤字幅が拡大、経常赤字も2億5000万円から9億300万円に悪化する見通しだ。

当期損益は2億5000万円の赤字から19億円の赤字に下方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集