【東京オートサロン08】三菱自動車、立錐の余地がない活況

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京オートサロン08】三菱自動車、立錐の余地がない活況
  • 【東京オートサロン08】三菱自動車、立錐の余地がない活況
  • 【東京オートサロン08】三菱自動車、立錐の余地がない活況
  • 【東京オートサロン08】三菱自動車、立錐の余地がない活況
  • 【東京オートサロン08】三菱自動車、立錐の余地がない活況
千葉県の幕張メッセで11日、「東京オートサロン2008」が開幕し、出展各社が競ってカスタムカーをしている。会場はカーマニアが多く訪れ、熱気であふれかえっていた。

なかでも人気があったのが三菱自動車だ。クルマを並べただけのブースと違い、囲いと屋根を付け、一番お金をかけている感じである。その内部も工夫を施されたデザインで、17台のカスタムカーが展示されていた。

三菱自動車の最大の見どころは、音楽とコンパニオンの踊りによる演出。音楽が流れ始まると、来場者が一気に押しかけ、ブース内は立錐の余地がないほどの活況ぶりを呈していた。

同社の関係者はこの盛況ぶりを喜んでいたが、販売店でも同じようなにぎわいを見せると、三菱車の販売も大きく伸びるに違いない。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集