【新聞ウォッチ】「ツルのひと言」で大爆笑の賀詞交換会

モータースポーツ/エンタメ 出版物

気になるニュース・気になる内幕…今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップ、内幕を分析するマスメディアクルージング。

2008年1月8日付

●CO2枠EU甘い設定、排出権取引、実績比2倍の企業も(読売・1面)

●08年は? 経営者に聞く、賃上げ、政治への注文(朝日・11面)

●「もっと肉を食べて」「気分高め前向きに」自動車部品工業会長(朝日・11面)

●新車販売不振深刻、7.6%減、35年前の水準(毎日・3面)

●賃上げ1500円で調整、トヨタ労組、春闘で要求へ(産経・11面)

●新日鉄社長に宗岡氏、三村氏は会長に就任(日経・1面)

●クルマ社会曲がり角、興味分散、若者離れる(日経・3面)

●自動車保険2種に統合、東京海上日動(日経・7面)

●そこが知りたい、新興国市場での成長戦略は? ホンダ・福井威夫社長「二輪で先行、販売網を確立」(日経・13面)


ひとくちコメント

「皆さん、お魚ばかりでなくもっとローストビーフとか肉をどんどん食べていただきたい。日本人はもっと肉を食べないと米国に太刀打ちできない。そして、お酒もどんどん飲んで高血圧になっていただきたい。高血圧で高揚した気分になれば社内は明るいムードになるばかりか積極的で前向きな経営判断ができる。しかも、ぽっくり逝けばトップに長く君臨することなく世代交代もスムーズにいく。もっとも、私は低血圧ですが」
 
---昨7日、東京・港区のホテルオークラで開かれた自動車業界団体の賀詞交換会で、日本自動車部品工業会の鶴正登会長(NOK会長)がこんなユニークな乾杯のあいさつをした。きょうの朝日にも取り上げられているが、経産省や国交省の大臣のおざなりのあいさつの後だけに、ジョークを効かせた鶴会長のスピーチにしらけムードの会場内が大爆笑した。
 
日本の経営者も秘書が用意した文章を棒読みするのではなく、もっともっと鶴会長のパフォーマンスを見習って欲しいものである。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集