コンクリート壁に衝突して大破炎上、運転者が焼死

自動車 社会 社会

5日早朝、宮崎県日南市内の国道220号で、走行中の軽トラックが道路左側のコンクリート壁に衝突する事故が起きた。クルマは大破炎上。車内からは男性が遺体で発見されており、警察では身元や事故原因を調べている。

宮崎県警・日南署によると、事故が起きたのは5日の午前5時ごろ。日南市風田付近の国道220号を走行していた軽トラックが路外に逸脱。そのまま道路左側のコンクリート壁に衝突した。

クルマは大破炎上。地元消防が消火に当たったが、約30分で全焼。車内からは運転者とみられる身元不明の男性が遺体で発見されている。

現場は片側1車線で、見通しの良い直線区間。クルマは鹿児島ナンバーで、警察では運転者の身元特定を急いでいる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集