前田金属工業、中間期見通しを下方修正…株式市場低迷など

自動車 ビジネス 企業動向

前田金属工業は、2007年11月中間期の連結決算業績見通しを修正した。売上高は23億9000万円を予想していたが、23億6400万円に微修正した。営業利益も3億4000万円から3億4500万円と微修正した。

素材価格が高騰しているものの、海外需要が好調で、売上高、営業利益はほぼ前回予想に近い。しかし、経常利益は3億6000万円から2億6800万円に下方修正した。

中間期純利益は2億1500万円を予想していたが、5800万円となる見通し。株式市場の低迷で、有価証券売却損、特別損失として投資有価証券評価損や役員退職慰労金として1億1800万円を計上したため、大幅に下方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集