新日鉄などの合弁会社、上海でメッキ鋼板の生産能力増強へ

自動車 ビジネス 企業動向

新日本製鐵、中国の宝山鋼鉄株式有限公司、アルセロールミタルの3社が合弁で上海市に設立した、宝鋼新日鐵自動車鋼板有限公司(BNA)が現行ラインの隣接地に第3溶融亜鉛メッキラインを増設して、生産能力を増強すると発表した。

BNAは2005年3月の立上げてから、中国の自動車マーケットの急速な拡大をうけ、順調に生産販売を伸ばしており、立上げほぼ1年で単月黒字化を達成し、2年目で単年度黒字を実現した。今年9月には立上げ2年半で累損を一掃した。

BNAの親会社3社は、依然として需要は強いため、約250億円を投じて新ラインを設けることにした。年間45万トンの自動車用高級メッキ鋼板を生産する。

新設するラインは現在の第1溶融亜鉛メッキラインと同タイプの最新ラインとなる。2010年に稼動開始する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集