正面衝突で妊娠中の女性が死亡、胎児も助からず

自動車 社会 社会

22日午前、島根県大田市内の国道9号を走行中の乗用車が対向車線側に逸脱し、トラックや軽乗用車と接触や衝突を繰り返す事故が起きた。正面衝突された軽乗用車は大破し、3人が死傷。死亡した女性は臨月を迎えていたが、胎児も助からなかった。

島根県警・大田署によると、事故が起きたのは22日の午前10時55分ごろ。大田市温泉津町湯里付近の国道9号を走行していたワゴン車が対向車線側に逸脱。対向車線を順走していた普通トラックと接触した後、その後ろを走ってきた軽乗用車と正面衝突した。

衝突によって軽乗用車は大破。助手席に同乗していた27歳の女性が全身強打で死亡。運転していた49歳の女性と、後部座席に同乗していた2歳の女児が意識不明の重体。後部座席に同乗していた4歳の女児が骨折などの重傷を負った。死亡した女性は妊娠中で、臨月を迎えていたが、胎児も助からなかった。

現場は片側1車線の緩やかなカーブ。警察ではワゴン車を運転していた35歳の男を自動車運転過失致死傷容疑で逮捕している。速度超過などが原因で曲がりきれなかったと推測されているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集