ミシュラン、3月から夏用タイヤを値上げ

自動車 ビジネス 企業動向

日本ミシュランタイヤは、国内市販用タイヤのメーカー出荷価格の値上げを決定したと発表した。

タイヤの原材料価格は依然として値上がり基調。同社では、生産性の向上やコスト削減などの企業努力を行っているものの、企業努力のみで対応することが困難になってきたため、この上昇分の一部を出荷価格に反映するとしている。

2008年3月1日からで、乗用車・ライトトラック夏用タイヤが平均5.0%、トラック・バス用夏用タイヤが平均7.0%、建設・産業機械夏用が平均8.0%となっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集