東洋ゴム、米国の子会社など4社の社名を変更

自動車 ビジネス 企業動向
東洋ゴム工業は、2008年1月1日から米国子会社1社と孫会社3社の社名を変更すると発表した。

変更するのは、子会社の「Toyo Tire International」を「Toyo Tire Holdings of Americas」に変更する。 また、孫会社の「Toyo Tire(U.S.A.)を「Toyo Tire U.S.A.」、「Nitto Tire North America」を「Nitto Tire U.S.A.」に、「Toyo Tire North America」を「Toyo Tire North America Manufacturing」にそれぞれ変更する。

社名を変更するのは、米国の統括組織である純粋持株会社Toyo Tire Internationalの機能を強化し、北米関連会社の効率的運営を進めるとともに、コーポレートガバナンスを強化するのが狙い。

また、戦略企画、サプライチェーンマネージメントを現地に移管してより市場に近いところでスピードのある経営を行うことで、北米市場でのトーヨータイヤの企業価値の向上を図っていく。

統括機能強化に伴って商号を変更し、高品質でタイムリーな製品を提供するとともに、独創性の高いマーケテイング・販売活動を展開し、ブランドポジションの向上を図るとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集