駐車場から転落、運転の男性が死亡

自動車 社会 社会

21日午後、茨城県取手市内のマンション駐車場で、駐車場内に進入してきた68歳の男性が運転する乗用車が車止めを乗り越え、フェンスも破壊して約5m下まで転落した。クルマは中破。運転していた男性は間もなく死亡している。

茨城県警・取手署によると、事故が起きたのは21日の午後3時ごろ。取手市新町付近にあるマンションの駐車場で、68歳の男性が運転する乗用車がバックで進行中に車止めを乗り越え、さらには金属製のフェンスもなぎ倒し、約5m下を通る市道まで転落した。

クルマは転落の衝撃で中破。運転していた男性は全身を強打し、近くの病院に収容されたが、間もなく死亡している。

現場は高台にある駐車場。死亡した男性はこのマンションの住人で、駐車場は日常的に使っていたという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集