路外逸脱の高齢男性、疾病で死亡か

16日早朝、愛媛県八幡浜市内の県道を走行中の軽乗用車が路外に逸脱し、道路脇の空き地で横転する事故が起きた。クルマを運転していた69歳の男性はすでに死亡していたが、事故による目立った外傷が無いことから、警察では死因について調べている。

自動車 社会 社会
16日早朝、愛媛県八幡浜市内の県道を走行中の軽乗用車が路外に逸脱し、道路脇の空き地で横転する事故が起きた。クルマを運転していた69歳の男性はすでに死亡していたが、事故による目立った外傷が無いことから、警察では死因について調べている。

愛媛県警・八幡浜署によると、警察が事故発生を認知したのは16日の午前6時30分ごろ。八幡浜市栗野浦付近の県道で、軽乗用車が路外に逸脱し、道路脇の空き地で横転しているのを通行人が発見。警察に届け出た。

これを受けて現場に駆けつけた同署員が、運転席に座ったまま意識を失っている69歳の男性を確認。男性は近くの病院に収容されたが、間もなく死亡が確認された。

死亡した男性の体には目立った外傷が無く、現場にブレーキ痕なども確認できないことから、警察では疾病が原因で死亡した可能性もあるとして、死因の特定を行う方針。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集