いすゞのみまもりくん、ドライブレコーダなどの機能を追加

自動車 テクノロジー ITS

いすゞ自動車は、商用車用テレマティクス「みまもりくんオンラインサービス」にドライブレコーダなどの新たな機能を追加し、20日から販売開始した。

5月31日にフルモデルチェンジした「みまもりくんオンラインサービス」は、物流をサポートするツールとして普及している。一方、燃料価格の高騰や安全マネジメントの法規化など、物流を取り巻く環境は厳しさを増しており、「みまもりくんオンラインサービス」でのサポートを強化する。

今回、「みまもりくんオンラインサービス」に、「インターネットドラレコ」や「ECO安全運転レポート」などの新たな機能を追加するとともに、「運行時間分析レポート」や「運転日報」に改良し、運行サポート機能の充実を図った。

新たに追加したインターネットドラレコは、KYB製ドライブレコーダと連携し、事故が起こった瞬間の画像をリアルタイムで携帯電話などに送信する。事故発生時の状況を、離れた場所にいる管理者が即座に確認することができる。

「ECO安全運転レポート」は、安全、省燃費運転をそれぞれ5項目5段階で評価し、それらをレーダーチャートにて表現することにより、改善点を一目で判断できる。

「MY事故多発地点」は顧客ごとに独自の事故多発地点を登録、車両に配信し、車両が登録地点にさしかかった際に音声警報を発することで、ドライバーに注意喚起を促す。 このほか、顧客事業所に所属する車両の配送などの進捗状況を一覧表示する「輸送状況レポート」も発行する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集