自転車同士の衝突事故、不法滞在の男を逮捕

自動車 社会 社会

昨年10月、京都府京都市伏見区内の市道(地下歩道)で自転車を運転中、男子中学生の乗る自転車と正面衝突する事故を起こし、この中学生に重傷を負わせたまま逃走したとして、京都府警は14日、中国国籍を持つ24歳の男を重過失傷害容疑で逮捕した。

京都府警・伏見署によると、問題の事故は2006年10月17日の午後6時15分ごろに発生している。京都市伏見区深草キトロ町付近にある京阪電鉄藤森駅の市道地下通路で、男子中学生(当時14歳)の乗る自転車が、対向してきた別の自転車と正面衝突した。双方は転倒。男子中学生は腕を骨折する重傷を負ったが、もう一方の男はその場に自転車を乗り捨てて逃走した。

警察では重過失傷害事件として捜査を開始。放置してあった自転車から、中国国籍を持つ24歳の男が容疑に関与したものと断定。今月5日に西日本入国管理センター(大阪府茨木市)に収容されていた男を発見し、同容疑で逮捕した。

調べに対して男は「当時は不法滞在(オーバーステイ)で、それが発覚するのを恐れて逃げた」などと話している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集