秋田のバス暴走事故で運転者を書類送検

自動車 社会 社会

今年11月、秋田県秋田市内の市道で、待機場所から発進しようとしていた路線バスが暴走。駐車車両など4台へ次々に衝突した事故について、秋田県警は11日、このバスを運転していた58歳の男を自動車運転過失傷害などの容疑で書類送検した。

秋田県警・秋田中央署によると、問題の事故は11月2日朝に発生した。秋田市中通4丁目付近にあるバス駐車場から、秋田中央交通が運行する路線バスが近くのバス停に向けて発進直後にエンジンの回転が上がり、運転手の操作を受け付けない状態となった。

バスは暴走を続け、信号待ちや路上駐車していたクルマ5台と次々に衝突。最終的には近くにある飲食店の外壁に突っ込み、ようやく停止した。この事故で信号待ちしていたクルマに乗っていた26歳の男性が打撲などの軽傷を負っている。バスは回送中のため、乗客はいなかった。

警察では車両検証を行うとともに、このバスを運転していた58歳の男から自動車運転過失傷害などの容疑で事情を聞いていた。車両検証ではバスに異常が発見されておらず、再現性もなかった。検証は今後も続けられるが、運転者の過失として書類送検を決めた。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集