動き出した自分のクルマに踏まれた女性死亡

自動車 社会 社会

10日夜、神奈川県横浜市泉区内の駐車場で、61歳の女性が乗用車の下敷きになっているのを近隣の住民が発見。警察と消防に届け出た。女性は近くの病院に収容されたが、間もなく死亡。警察では無人のまま動き出したクルマに押し倒され、そのままはねられたとみている。

神奈川県警・泉署によると、事故が起きたのは10日の午後8時ごろ。横浜市泉区和泉町の駐車場で、女性がクルマの下敷きとなって倒れているのを近隣住民が発見。警察と消防に届け出た。女性はすぐに近くの病院へ収容されたが、腹部を強打したことが原因で間もなく死亡した。

死亡したのは事故を起こしたクルマを所有する61歳の女性と判明。女性は右前輪に腹部を踏まれた状態で発見されており、クルマはシフトレバーがバック(AT車なのでRレンジ)に入り、サイドブレーキは引かれていなかった。

警察ではPレンジに入れたと思って車外に出た女性が、無人のままクリープ現象で動き出したクルマに押し倒され、転倒したところを踏まれたものと推測している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集