凍結路面にハンドルを取られ、路外に逸脱

自動車 社会 社会

9日午後、北海道網走市内の市道を走行していた乗用車が路外に逸脱。道路脇の空き地に物置小屋として設置されていた貨物車用コンテナに衝突する事故が起きた。クルマは大破。運転していた男性は収容先の病院で死亡している。

北海道警・網走署によると、事故が起きたのは9日の午後1時50分ごろ。網走市能取付近の市道を走行していた85歳の男性が運転する乗用車が路外に逸脱。道路左側の空き地に物置小屋として設置されていた貨物車用コンテナに衝突した。

クルマは大破。運転していた男性は顔面や頭部を強打。近くの病院に収容されたが、意識が回復しないまま、事故から約22時間後の10日午前に死亡している。

現場は見通しの良い片側1車線の直線区間。路面は凍結しており、警察ではハンドルを取られたことで路外に逸脱したものと推測している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集