岩崎電気、駐車場用照明器具を発売

自動車 ニューモデル 新型車

岩崎電気は、屋外駐車場に必要な明るさを効率よく確保する新反射鏡内蔵の「駐車場用照明器具」を17日から発売すると発表した。

駐車場用照明器具は、駐車場内の明るさのムラを抑制し、夜間でも周囲から駐車場内の視認性を向上させるため、一般的に使用されているエリア照明器具よりも横長の配光「フロントワイド配光」の高効率反射鏡を新設計した。

広いスペースに均一な明るさを効率良く確保できるよう配光制御する。警察庁の「安全・安心まちづくり推進要綱」に基づく照度基準を達成する高効率反射鏡を内蔵したまた、駐車場内の明るさを効率良く確保すると共に、近隣施設への漏れ光や上方への漏れ光をカットする配光で、従来エリア照明器具と比較して、後方へ漏れる無駄な光を約5分の1とし、駐車場周辺への光害にも配慮した。

光源には省エネルギー光源のセラミックメタルハライドランプ「セラルクス70W/150W」を採用した。駐車場内の車体や人物などの色を忠実に再現し、視認性を向上した。ランプのUVカットコーティングにより紫外線域の光を抑制し、水銀ランプやメタルハライドランプと比較して虫の飛来を大幅に抑制する。

塗装色はダークグレイとシルバーメタリックを設定。専用アームで駐車場の広さや照明の設置位置などに応じて、照射角度をフレキシブルに調整できる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース