クインランド倒産…民事再生を断念

自動車 ビジネス 企業動向
クインランドは、18日付けで大阪地方裁判所に申立てした民事再生手続を取り下げるとともに、破産手続開始の申立てを行った。大阪地方裁判所は、民事再生手続事件の取下げの許可と破産開始を決定、同社は倒産することになった。

同社は、民事再生手続き後、保全管理人の下、スポンサー企業への早急な事業承継を目指していたが、DIPファイナンスなどによる資金繰り安定化策を講じることができず、民事再生手続での事業承継については相当な時間を要するため、困難な状況となった。

このため、民事再生手続による再建を断念、破産手続において、現在折衝中であるスポンサー候補への早急に事業承継を完了させた上で、清算することにした。

今後破産手続を進めるが、SIPS事業は、支援の意向を表明しているソルクシーズとの間で、事業承継に向けた折衝を行う予定。また、Qlep事業も事業承継に向け、早急にスポンサー候補を選定の上、事業承継を行う予定だ。

同社では「関係する皆様におかれましては、民事再生手続申立てに引き続いて、多大なるご迷惑とご心配をお掛けする事態となりましたことにつき、改めまして深くお詫び申し上げます」としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • クインランドが民事再生手続き…負債総額203億円 画像 クインランドが民事再生手続き…負債総額203億円
  • ソリッドグループ、ソリッドアコースティックスが親会社から外れる 画像 ソリッドグループ、ソリッドアコースティックスが親会社から外れる

特集