【トヨタ カローラルミオン 発表】ミルフィーユ的インパネ

自動車 ニューモデル 新型車
【トヨタ カローラルミオン 発表】ミルフィーユ的インパネ
  • 【トヨタ カローラルミオン 発表】ミルフィーユ的インパネ
  • 【トヨタ カローラルミオン 発表】ミルフィーユ的インパネ
  • 【トヨタ カローラルミオン 発表】ミルフィーユ的インパネ
  • 【トヨタ カローラルミオン 発表】ミルフィーユ的インパネ
  • 【トヨタ カローラルミオン 発表】ミルフィーユ的インパネ
トヨタが発表した『カローラルミオン』の内装デザインは、機能を3つ水平に重ねる積層構成が特徴。

関東自動車工業のデザイン部デザイン室、グループリーダーの沖本二郎さんは、「インパネは各階層ごとに機能が分けられています。上から計器類、2層目がナビ・オーディオ類、3層目には空調、シフトレバーなどの操作類がシルバーの加飾にまとまっています。シンプルで外観との共通性がとれていると思います」と言った。

シフトレバーの位置が空間を妨げているようで気になったのだが、「シャーシの関係上で手元に位置が決まりました。ですが、コラムよりも扱いやすいと思っています」と、コメントした。

内装はダーク・グレーの一色展開となっている。「これは、リラックス・イン・スタイルのテーマに合っているとの判断で採用しました。今後は市場のニーズがあれば、他の内装色も展開する可能性はあります」と言った。

外装色も新色はなく、幅広い顧客に合わせた内容となっている。

また、オプションでサイズの大きなホイールも用意している。「今回のルミオンは、デザインの手を抜いているわけではないですが、お客様が自分に合うようにアレンジをしてほしい」と、最後にも言っていた。
《》

編集部おすすめのニュース

特集