軽自動車魅力度調査、ダイハツ ムーヴ がトップに…JDパワー

自動車 ビジネス 企業動向

軽自動車魅力度調査、ダイハツ ムーヴ がトップに…JDパワー
  • 軽自動車魅力度調査、ダイハツ ムーヴ がトップに…JDパワー
JDパワー アジア・パシフィックは、「2007年日本軽自動車商品魅力度調査」の結果を発表した。

調査は、軽自動車を新車で購入後2-7か月を経過した個人ユーザーを対象に、購入した軽自動車の性能やデザインなどの商品魅力度に関する評価を調べたもの。軽自動車の特性を外装、内装、収納とスペース、オーディオ/エンターテインメント/ナビゲーションシステム、シート、空調、運転性能、エンジン/トランスミッション、燃費、視認性と運転安全性の10カテゴリーについてモデルを評価してもらった。

7回目となる今年は調査内容を大幅に変更し、新技術に関する項目を追加した。今年5月に郵送調査を実施し、2006年10月から2007年3月までの間に軽自動車を新車で購入した3979人から回答を得た。調査対象となった車両は7メーカーの42モデル。

モデル別ランキングでは、ランキングの対象となった12モデル中、ダイハツの『ムーヴ』が1000点満点中、709ポイントを獲得してトップだった。燃費を除く各カテゴリーで高い評価だった。

2位は三菱自の『i』(アイ)で697ポイントだった。i は昨年、調査開始以来の最高スコアで1位となったが今回は2位に転落した。3位はダイハツ『タント』、4位はスズキ『MRワゴン』、5位がホンダ『ゼスト』だった。6位は日産『モコ』で、同じモデルのMRワゴンより評価が低かった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集